鉄分不足が肌荒れの原因

MENU

鉄分不足が肌荒れの原因に!?妊娠中に足りなくなる鉄分と美肌の関係

メイク時、乾燥肌やくすみが気になったり、なんだか顔色が青白く具合が悪そうに見えたり…
そんなお悩みはありませんか?
そんな方は鉄分不足が原因かもしれません。

 

 

現代女性の多くに見られる「鉄分不足」。
貧血などの症状はよく知られていますが、美容面への影響についてはあまり知られていないのが現状です。
今回はそんな鉄分と美容の関係をご紹介します。鉄分が不足すると私たちの体の中ではどのようなことが起こるのでしょうか?

 

鉄分が不足すると、身体に酸素を送り届ける働きのへモグロビンが不足してしまい血液が「酸欠状態」に陥りやすくなります。
この状態になると酸素や栄養が細胞に届きにくくなると同時に老廃物を排出する機能も低下するのです。
こうなってしまうと体全体の抵抗力や免疫力が低下して、疲れやすく、頭痛・動悸、お肌のトラブルなどが起きやすくなるのです。

 

また爪が匙(さじ)形に変形する症状も起こりやすくなるので注意が必要です。
鉄の摂取推奨量は男性7.5g、月経のある女性で10.5mgです。妊娠・授乳期の女性はさらに推奨量が増加します。

 

では、そんな美容に重要な鉄分。
実際にどのような食物に多く含まれているのかご存知でしょうか。
鉄=レバーと考える方も多いと思いますが、レバー以外にもお肉の赤身の部分やお魚の血合いの部分など、鉄分が豊富な動物性食材はたくさんあります。

 

また小松菜やほうれん草、豆類などの植物性食材にも鉄分は多く含まれています。
しかし植物性食材からの鉄分は「非ヘム鉄」といって吸収されにくいので動物性食材と組み合わせて摂取するように心がけましょう。

 

また鉄の吸収を良くするものと悪くするものがあります。
良くするものはビタミンCとビタミンB群(葉酸)。これらを一緒に取ることで、鉄分の吸収が高まりヘモグロビンの生成がスムーズに行なわれます。
逆に、お茶に含まれるタンニンは鉄と結合してその吸収を低下させてしまいます。

 

そのため食事の時のお茶はタンニンの少ないほうじ茶や麦茶がおススメです。
また食物だけで鉄分を摂取するのが難しい時はサプリメントもおススメです。
最近は鉄分補給を目的としたドリンクやゼリーなども多く販売されています。
バランスのとれた食事から上手に鉄分を摂取するのが、理想的ですが忙しい時などにはサプリメントも利用してみるのもよいでしょう。
鉄分と美容の関係を知り、効率の良い摂り方を知ることで健康な美肌を手に入れましょう。