妊娠性皮膚掻痒症について

MENU

妊娠性皮膚掻痒症について

妊娠中に起こるひどい痒み。経験されたことありませんか?
急にお腹や足、腕などが痒くてたまらなくなって我慢できず眠れない程の痒み…。
妊娠中にこんな痒みに悩まされる方は少なくないんです。
「これは冬の乾燥のせいかしら?」と思いきや、「妊娠性皮膚掻痒症」というものなんです。
ここでは「妊娠性皮膚掻痒症」について説明したいと思います。

 

妊娠性皮膚掻痒症の原因とは?

妊娠性皮膚掻痒症の原因はまだはっきりしない事もありますが、ホルモンバランスの乱れによる乾燥や妊娠による環境の変化からくるストレスが原因と言われています。
乾燥は、妊娠中に女性ホルモンが増加し、男性ホルモンの分泌が減少する事が原因で起こります。
また、慢性腎不全、肝疾患、糖尿病、悪性リンパ腫、精神神経疾患などの特定の病気が潜んでいる事もあり、遺伝的要因が原因の場合もありますので注意が必要です。

 

妊娠性皮膚掻痒症の症状は?

妊娠性皮膚掻痒症は、特に妊娠中期から妊娠後期にかけて強い痒みが起こる事が多いです。
全身にむずむず、チクチクと刺されるような強い痒みが出現します。
また、全身状態は良く、発疹を伴わないのが特徴です。

 

類似の症状を持つ「妊娠性痒疹」

 

妊娠性皮膚掻痒症と同じように痒みの症状が出るものに、妊娠性痒疹があります。
こちらは腹部に症状が出る事が多く、紅斑(肌が赤くなる事)が出現しその中に盛り上がった湿疹がブツブツとできて水ぶくれになる事もあります。
四肢にのみに発症することもあり、症状が長引くと範囲が広がる事もあります。

 

妊娠性皮膚掻痒症との見分け方は、湿疹が出るか否かによります。

 

妊娠性皮膚掻痒症の対処法

妊娠性皮膚掻痒症の対処法として一番大切なのは、しっかり保湿をして肌の乾燥を防ぐ事です。
冬場でなくても保湿を怠ってはいけません。
お腹に妊娠線が出来るのが嫌でしっかり保湿をしていた妊婦さんは、お腹の痒みはさほど出なかったのに対し、保湿を怠っていた四肢の痒みは酷かったそうです。
部屋全体の加湿も心掛けなくてはいけませんが、一番大切なのは直接肌を保湿する事です。
また、とても辛い痒みですが、掻き毟ってしまうと余計に痒みが増しますし、肌に発疹が現れて他の湿疹と区別が付かなくなるので避けましょう。
症状があまりにも酷いときは産婦人科の主治医に相談して、赤ちゃんに影響が出ない薬を処方してもらうようにお勧めします。

 

保湿以外の対処法

耐え難い痒みが特徴の妊娠性皮膚掻痒症ですが、保湿以外の実践してみて効果的だった対処法を紹介します。

 

爪を短く切りそろえる

最近は、ネイルなどにより常に爪を長くしている女性が多いですね。
でも、爪が長いと患部を掻いたときに肌を傷つけて更に痒みが増しますし、傷も深くなり色素沈着の原因になってしまいます。
痒みがある間はなるべく爪を短くするようにしましょう。

 

肌を露出しない

痒みがある患部を露出していると、ついつい掻き毟ってしまうものです。
冬はストッキングを履いて羽織ものをするようにし、夏場は薄手の服でなるべく痒みがある部分の肌の露出は避けましょう。

 

冷やす

医学的な根拠があるのかは分かりませんが、痒みで寝苦しい時に患部を冷たいタオルなどで冷やすと症状を緩和する事が出来たという妊婦さんもいます。

 

 

まとめ

妊娠性皮膚掻痒症について説明をしてきましたが、少しでもお分かり頂けましたでしょうか?
とにかく耐え難い痒みが特徴の妊娠性皮膚掻痒症ですが、症状を悪化させない為にもとにかく掻き毟らない事が重要です。
出産すれば痒みの症状は直ぐに治まりますので、それまでなんとか我慢しましょう。