妊娠中の肌荒れに飲める薬

MENU

妊娠中の困った肌荒れ!安心して飲めるお薬はあるの?

妊娠中の困った肌荒れ!安心して飲めるお薬はあるの?
妊娠中にお薬を飲む時には、とても慎重になってしまいますね。
妊娠中の肌荒れの原因は様々なので、産婦人科や皮膚科を一度受診してみる事をお勧めします。

 

市販の薬を服用する際は、たとえビタミン剤であっても勝手に使用せず主治医に相談の上、許可が出てからにしましょう。

 

肌荒れの原因

妊娠初期に現れる肌荒れの原因は様々です。
妊娠により女性ホルモンの分泌が増え、肌荒れを起こしやすい状態になっている事や、悪阻の為に偏食になり栄養バランスが悪くなっている事、ストレスが原因になる事もあります。

 

また、妊娠中は体全体がとても敏感になる為、今まで使っていた化粧品が突然肌に合わなくなってしまう事もあるのです。
肌のトラブルは多くの妊婦さんに見られる症状です。

 

まずは食生活や睡眠などの生活習慣を見直し、洗顔や保湿効果の高いスキンケア製品を使用して様子をみましょう。
暫く様子を見ても症状が治らない場合や更に悪化してしまった時は、産婦人科の主治医に相談の上、皮膚科を受診する事をお勧めします。

 

 

皮膚科を受診しましょう

産婦人科の主治医から皮膚科を紹介して貰う事が一番安心ですが、紹介がない場合は皮膚科にて妊婦であることを伝えてから受診するようにしましょう。
また、自身の食生活等の生活習慣についても、肌トラブルの原因と関係がありそうな事は医師に聞かれなくても進んで話しましょう。
それにより塗り薬等の対処療法的な外用薬だけでなく、漢方やビタミン剤の様な体内から作用してくれる薬も処方してもらえる様になります。
炎症が酷い場合には外用薬としてステロイド剤が処方されますが、その多くは胎児に影響がない量や成分になっているので安心して使用できます。
ただし、勝手な判断で長期間使用したりせず、試用期間や量を必ず守りましょう。

 

肌荒れの市販薬は産婦人科で相談後に

市販薬の中には肌荒れに効果が期待出来るものがありますが、妊娠中は勝手な判断で使用する事はやめましょう。
肌に良いとされているビタミン剤であっても侮れません。
ビタミンB、C等の水溶性ビタミンであれば多少多く摂取しても自然に体外に排出されますが、ビタミンA、Eの様なビタミンは過剰摂取により健康被害を及ぼす事もあるのです。
妊娠中は慎重に判断しなくてはいけません。特に妊娠初期は胎児の器官が形成される重要な時期ですから注意しましょう。
やはり1番安心なのは産婦人科の主治医に一度相談することです。
肌荒れの原因を知って、市販薬が安全であるとお墨付きが貰えれば安心して使用できますね。

 

トップページで人気の商品を紹介中
妊娠中肌荒れ化粧水人気5商品の特徴を確認する