オーガニックとは?

MENU

オーガニックとは?化粧品だけじゃなく食事も変えて美肌を目指す

食の安全性が注目されるようになって、食品や化粧品など様々なオーガニック商品を目にするようになりました。
あなたは「オーガニック」って意識していますか?
そもそもオーガニックとは、どういう意味か?

 

オーガニックとは

オーガニックとは、農薬や化学肥料、遺伝子組み換え種子を使用しないもののことです。
日本のJAS法では、有機農産物と有機農産物加工食品を「オーガニック」として表示(販売)する場合、生産者や加工業者は、登録認定機関の検査・認証を受け、有機JASマークを付けることが義務付けられています。

 

しかし畜産物や水産物、あるいはそれらの加工品、食品以外の繊維や化粧品などは、オーガニック表示のための検査・認証が強制になっていません。
そのあたりは、消費者である私たちがしっかりと良し悪しを判断する目を養う必要がありそうですね。

 

体に良いと漠然とは感じるものの、具体的にどんな良い面があるのでしょうか。
摂りいれたいと思うもののもの他商品と比べて少し価格が高いという部分は難点です。

 

オーガニック食材のメリット

少しだけ高価だけどそれでもオーガニック食材を選択するメリットってどんなところにあるのでしょうか。

安心・安全

まず1つめは、やはりオーガニック、有機といえば、ケミカルフリーで安心・安全が感じられることにあります。
オーガニックではない従来の食品は、農薬や化学物質などを含んでいてそれらが、アレルギーなど多くの問題に関係しているといわれています。
それらの危険を回避するという意味では安心と言えるでしょう。

 

栄養に優れている

2つめはオーガニック食品が栄養に優れている点です。
最近の研究では、オーガニック食品とそうではない食品との違いを比較すると、オーガニック食品の方がより多くのビタミンC、微量元素、抗酸化成分が含まれていて栄養価が高い傾向にあることがわかっています。

 

自然に近い味

3つめ。それは味です。
オーガニック食品のほうが美味しいと言ってしまうと、美味しさの基準は人それぞれですから誤った伝え方になってしまうと思いますので避けます。
味が良い悪いというよりも、「より自然に近い味がする」と表現すればよいでしょうか。
食べた方にはきっとわかる季節に応じて作られた自然の味がつまっています。

 

このようにオーガニックの良さはたくさんあります。
なかなかいつもより高いお金を払い購入するのは迷うところかもしれません。
そんな時は、家庭菜園でオーガニック野菜を作ってみるのも1つの方法です。

 

畑がなくても、プランターで作れる野菜もたくさんあります庭やベランダでぜひ試してみてください。
食を意識することは美容にもつながることです。今日の肌はあなたがこれまで食べてきたもので作られます。
それは明日も明後日も一緒です。

 

美肌を手に入れたいと願うのであれば食事を意識することは必要不可欠なことなのでしょう。